セイゴオちゃんねる

会社概要

TITLE
BIBLIOGRAPHIC DETAILS

日本問答

法政大学総長の田中優子氏と、日本の来し方・行く末をめぐって繰り広げられた対談。「内と外」をキーワードに、“公家と武家”、“真名と仮名”、“ウツとウツツ”といった矛盾するものを共存させるデュアルな思考に着目し、日本が本来持っていた方法や仕組みを明らかにする。日本の未来を憂う二人が団結し、悩ましい現代の日本に問答をふっかける。

岩波新書
2017
940円(税別)

謎床―思考が発酵する編集術

情報学研究者のドミニク・チェン氏と、生態学からIT界の行く末までを語り合った濃密対談の採録。機械の中に意識は生まれるのか、日本型ポジティブコンピューティングは可能か、シンギュラリティをむかえる前にやっておくべきことは…。ジャンルを超えた師弟の思考のぶつかり合いが、また新たな謎を発酵する。

D:美柑和俊
晶文社
2017
1,800円(税別)

匠の流儀―経済と技能のあいだ

ネットワンシステムズ株式会社と松岡正剛事務所が連携し、各界のビジネスリーダーたちを対象に開催してきた「縁座」を書籍化。中谷巌氏や田中優子氏、松本健一氏といったゲスト講師とともに、「日本および日本人」の歴史や経済文化を探求する。今日の企業やICT社会が日本の「匠」的な直感と細部への視点をどのようにもちうるかという大きな問いが貫いている。

D:美柑和俊
春秋社
2015
1,800円(税別)

意身伝心―コトバとカラダのお作法

40年来の知己であるダンサー・田中泯氏と交わしあったコトバとカラダをめぐる対談。長年コラボレーションをしながら共鳴しあってきた二人が、互いの方法を交換しあい境界をまたぎあい、分断された言葉と身体をつなぎ合わせる。本書は二人に長く付き添ってきた太田香保(松岡正剛事務所)、石原淋(ダンサー)の発案によって実現した。

D:美柑和俊
春秋社
2013
1,900円(税別)

松丸本舗主義

丸善とコラボした実験書店「松丸本舗」が2009年に開店した。松岡の読書世界を体現した書棚空間や、本を案内するブックショップエディターなど、3年間に行われた革新的な試みの数々は書店界の事件でもあった。その前代未聞の書店づくりの方法とプロセスをあますことなく開陳する。第三章「気分は松丸本舗」では各界の著名人が閉店を惜しむメッセージを寄せている。

D:佐伯亮介
青幻舎
2012
1,800円(税別)

日本力

来日20年の写真家・エヴァレット・ブラウン氏の日本についての驚くべき洞察に、松岡が深い共感をもって正対した語らいの記録。いま最も必要な「日本」について考える。対話の合間に挿入されたエバレット氏の写真にセイゴオのフレーズが組み合わされ、イメージの力で「日本の面影」を表出している。

D:町口覚
パルコ出版
2010
1,600円(税別)

以下、鋭意工事中